日本各地に加え国際線も ジェットスターの素晴らしい空旅 

JetStarは、東京(成田空港)、名古屋(中部国際空港セントレア)、大阪(関西国際空港)を拠点に、札幌(新千歳空港)、高松、松山、熊本、大分、鹿児島、沖縄(那覇空港)へいっています。

JAL(日本航空)、ANA (全日本空輸)などの一般的な航空会社を利用すると、国内線は数万円程度の交通費用を要してしまいます。しかし、ジェットスターを利用することで、数万円程度の値段価格を、数千円程度にまで抑えてしまうこともできます。私の印象では、同じ目的地へ行く場合、一般航空会社に比べてジェットスターは半額程度の値段価格のように感じます。

そんなJetStarーを使用した目的地として、特に人気を集めている場所が、札幌と沖縄なのではないでしょうか。家族旅行のみならず、一人旅の目的地としても人気を集めています。

また、飛行機旅行の定番の目的地とだけあって、さまざまな航空会社が乗り入れています。そのため価格競争が激しくなり、特に格安価格で移動できると評判のルートです。もちろん、沖縄も同じくらい人気を集めています。沖縄まで来ると、とても遠くまで来た気持ちにさせてくれるものです。そんな旅すらも安く提供してくれるのが、ジェットスター飛行機なのです。

時間とお金がかかってしまい、旅行に行くのをためらいがちな札幌と沖縄。ジェットスターを使えば、毎月のように訪れることも夢ではないのかもしれません。

さらに驚きなのが、JetStarの国際線です。国内線のイメージが強いジェットスターですが、国際線も格安価格で提供しています。特に、オーストラリア行きの飛行機が人気なようです。

世界旅行と聞くと、なおさら高くて手に届かないイメージが根付いています。しかし、ジェットスターの国際線も、とても安く行くことができます。普通の大学生が普通にジェットスターを使って海外旅行を楽しんでいるのです。あなたも気軽な気持ちで、海外旅行をしてみてはどうでしょう。

ジェットスターは、格安航空会社です。値段が抑えられているため、一般的な飛行機に比べると質が劣るといわれています。そこが懸念される要素でもあるのですが、私はそこまで酷い印象は受けません。普通の日本企業のサービスと言ったイメージです。一般航空会社のサービスの質が高すぎるといっても過言ではありません。ジェットスターでも快適な時間を過ごすことができ、コストパフォーマンスに優れているように感じられます。